Loading ...

結婚写真は挙式前に撮影しよう!前撮りを利用する3つのメリット


余裕があるからいい写真が撮れる

結婚記念の写真撮影を結婚披露宴の日に行うとなると、挙式前に撮影するのが一般的です。一生に一度の二人のイベントでもあるので誰でも緊張してしまうことになり、それが表情にも出ていい笑顔が出ないことにもなります。また、感動のあまりに泣いてしまう花嫁もおり、真っ赤な目の写真は残したくないものです。別の日の撮影であれば、いつもの自然な二人らしい写真を残すことができます。気持ちにも余裕が持てるとともに時間にも余裕があるので、焦ることなく撮影ができるというメリットもあります。

当日のヘアメイクの確認にもなる

花嫁衣裳を着てヘアメイクを行うというのは、当日の一発勝負な面もあります。しかし、前撮りを行うことによってその時にヘアメイクもしてもらうことになるので、当日の確認にもなります。自分が思っていたようにヘアメイクさんに仕上げてもらえなかったとしても、当日はこのように変えてほしいという要望を前撮りの際に伝えておけば、当日に失敗されてしまうこともありません。

お気に入りの場所で撮影ができる

挙式日当日の撮影となると、会場の建物内や外の庭園程度の場所でしか移動ができませんが、別の日となれば場所に左右されることはありません。二人が出会った場所や思い出のデートスポットで撮影を行ったり、行ってみたかった景色の良い観光地でも構いません。屋外でのロケーション撮影は、開放感ある素敵な写真にすることができます。また、高齢で結婚披露宴には来ることができないおじいちゃんの家で撮影をすれば、今までのお礼を直接伝えることができるとともに記念の写真が残せます。

前撮りとは結婚式より前にフォトスタジオや外でドレス等を着て写真を撮ることです。慌ただしい挙式当日とは違い、ゆっくり落ち着いた空間で写真を撮ることができ、当日着ることができない衣装を着ることも可能です。